wimaxの通信速度の速さと実感するための工夫

公式が現在発表しているところによると、wimaxは上りが最大10.2Mbpsほど、下りが最大13.3Mbpsほどの通信速度が出ると言われています。
実効速度としては、大体5Mbpsから10Mbpsです。
標準的な動画を再生するのに必要となるのは0.5Mbpsから3.5Mbps程度だと言われていることを考えると、十分に速いと言えます。
より上位のサービスを利用すれば、下りが最大220Mbpsでの通信も可能になりますから、さらに快適なインターネットライフを送ることができるのです。
でも、実際に利用してみたところ思うように速く通信できなかった、と感じている方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、周囲の環境を見直してみてはいかがでしょうか。
wimaxは、基地局から飛ばされている高周波の電波を受信することで通信を行っています。
なので、何らかの原因で電波の受信が妨げられると通信の速さに悪影響が出てしまうことがあるからです。
例えば、室内で利用する場合、部屋の中心近くで利用するよりも、窓際に近い場所で利用した方が電波を安定して受信しやすくなります。
また、カバンなどにしまって利用するよりも、端末を剥き出しの状態にしておく方が電波が遮られてしまうことがなくなるでしょう。
それから、外出先で利用していて通信が遅くなったと感じた際には、基地局が周囲にあまり無いエリアに入ってしまったか、電波を遮るビル等の建物が多いエリアに入ってしまったと考えられます。
その際は、少し歩き回ってみて、電波感度が良いところがないか探してみると良いです。
上手に工夫しながら利用することで、ぜひ、本来のwimaxの通信速度の速さを実感してみてください。

▲ページの先頭へ